西国武士団関係史料集 米多比文書 - 芥川竜男

米多比文書 芥川竜男 西国武士団関係史料集

Add: abikupat88 - Date: 2020-11-26 22:05:12 - Views: 8153 - Clicks: 9863

AB EHN ・テホ テ ∂! 1/6//toyoda 柳河藩立花家文書目録 / 九州大学文学部国史学研究室, 九州大学九州文化史研究施設編 ; 丸山雍成校訂. -- 九州史料刊行会, 1958. 生の松原の元寇防塁 福岡市西区生の松原 5. 史跡元寇防塁に指定された7地区 2. 文永の役で元側が馬を戦場で使用したことは『蒙古襲来絵詞』や『八幡愚童訓』からも窺え、『高麗史』にも高麗南部に日本侵攻に用いる軍馬のための糧抹を配給するアウルク(奥魯)が設置されていることからも、軍馬が文永の役で使用されたことは間違いないが、正確な軍馬の数は不明。 『蒙古襲来絵詞』絵八の麁原に陣を布く元軍の騎乗率は約17%で『八幡愚童訓』でも元軍の左副都元帥・劉復亨と思われる人物の共廻りの記述に「十四五騎うちつれ、徒人七八十人あひ具して. 年月 URL タイトル 巻次 責任表示 出版者 出版年 NDC コレクション情報 閲覧数 複写数 /11 比江島重孝 徳山静子 根津富夫 大庭良美 稲田和子 土屋北彦 宮地武彦 加来宣幸 市原麟一郎 湯浅良幸 長崎篇 宮城篇 三河篇 秋田篇 肥後篇 沖縄篇 紀州篇 埼玉篇 鳥取篇 福岡県 佐賀篇 第1・2集 福岡篇 第2集 土佐篇 第1・2集 福岡篇 阿波篇 第1集 石見篇 第1・2集.

西国武士団関係史料集 (米多比文書3) 21 芥川竜男 福川一徳/文献出版 1995/09出版 86p 26cm ISBN:NDC:210. 芥川竜男 福川一徳 文献出版 1995/07出版 98p 26cm ISBN:NDC:210. 本・情報誌『西国武士団関係史料集 米多比文書』芥川竜男のレンタル・通販・在庫検索。最新刊やあらすじ(ネタバレ含)評価・感想。おすすめ・ランキング情報も充実。TSUTAYAのサイトで、レンタルも購入もできます。出版社:文献出版. 5cm、重さ2kg 元寇史料館所蔵 5. 【tsutaya オンラインショッピング】西国武士団関係史料集 米多比文書(20)/芥川竜男 tポイントが使える・貯まるtsutaya. 公益企業における法律関係の一考察――いわゆる事実的契約関係―― 「私法」第19号/1958年/(101頁~108頁)/記事種別:研究報告 神田 博司株式会社計算規定の改正 討論 「私法」第21号/1959年/(10頁~48頁)/記事種別:シンポジウム 中川 一郎. a 﨎r・r・* ソヘ 垬r ユ・3綽V・;鋠ン瞋ヘタ!

録音・映像関係資料-脚本-テレビ. -- 文献出版, 1976. 1995年に出版された本の「書名さ行12」のページです。書名よみがな順に書誌・書籍出版情報を提供。横断検索やレビュー. 」とあり、騎乗率を約15〜17%ほどとしている。なお、室町時代に日朝が著した日蓮の『立正安国論』の注釈書『安国論私抄』(文明11年、1478年擱筆)第一巻「蒙古詞事」(の「文永十一年蒙古責日本之地事」)には「或記云」として、文永の役での日本軍の捕虜となった元兵の証言によれば、元軍の構成は軍船の総数が240艘で、1艘につき兵300人、水夫70人、軍馬5匹であったとしている。 また、対する日本軍は、陸戦においては騎兵を密集させた集団で戦っていた。そのことは、クビライに仕えた王惲が日本軍の様子を「騎兵は結束す」と記していることや『蒙古襲来絵詞』絵五に騎兵を密集させて突撃する日本軍の様子が描かれていることからも窺える。 なお、両軍が使用した軍馬は、日本在来馬とモンゴルのモウコウマともに体高としては120〜140cmほどであり、体格に差は無かった。 1. 地行の元寇防塁 福岡市中央区地行. 5cm、重さ2kg 元寇史料館所蔵. 愛媛大学歴史学研究会宇和島支部史料集粋. 1992年に出版された本の「書名さ行12」のページです。書名よみがな順に書誌・書籍出版情報を提供。横断検索やレビュー.

マルコ・ポーロの『東方見聞録』には以下のようにマルコ・ポーロが伝聞として聞いた弘安の役に関する記述がある。 「. 姪浜の元寇防塁 福岡市西区小戸 7. -- (九州史料叢書 / 九州史料刊行会編 ; 14).

さて、クビライ・カアンはこの島の豊かさを聞かされてこれを征服しようと思い、二人の将軍に多数の船と騎兵と歩兵をつけて派遣した。将軍の一人はアバタン(アラカン(阿剌罕))、もう一人はジョンサインチン(ファン・ウェン・フー、范文虎)といい、二人とも賢く勇敢であった。彼らはサルコン(泉州)とキンセー(杭州)の港から大洋に乗り出し、長い航海の末にこの島に至った。上陸するとすぐに平野と村落を占領したが、城や町は奪うことができなかった。さて、そこで不幸が彼らを襲う。凄まじい北風が吹いてこの島を荒らし回ったのである。島にはほとんど港というものがなく、風は極めて強かったので、大カアンの船団はひとたまりもなかった。彼らはこのまま留まれば船がすべて失われてしまうと考え、島を離れた。しかし、少しばかり戻ったところに小島(鷹島)があり、船団はいやおうもなくこの小島にぶつかって破壊されてしまった。軍隊の大部分は滅び、わずかに3万人ほどが生き残ってこの小島に難を避けた。彼らには食糧も援軍もなく、もはや命はないものと諦めざるをえなかった。というのも、何艘かの船がいちはやく彼らの国に帰ったのだが、いっこうに戻って来る気配がなかったからである。実は司令官である二人の将軍が互いに憎み合い、そねみ合っていたのである。一人の将軍は嵐を逃れたのだが、小島に残された同僚の将軍の救援には赴こうとしなかった。大風は長く続かなかったので、吹き止んでしまえば戻ることは十分可能だったにもかかわらず、彼は戻ろうとせず、自分の国に帰ってしまった。大カアンの軍隊が残されたこの小島には人の住めるようなところではなく、彼ら以外に生き物の姿はなかった。さて、逃げ帰った者たちと小島に残された者たちがどうなったか、次にお話してみよう。 さて、すでに申し上げたように、小島に残された3万の兵士たちはどのようにして脱出してよいかわからず、もはや命はないものと諦めざるをえなかった。ジパング(日本)の王は、敵の一部が運命に見放されて小島に残され、他はちりぢりに逃げ去ったと聞くとおおいに喜び、ジパング中の船をこぞって小島に赴くと四方八方から攻め寄せた。タタール人(モンゴル人)たちは、戦いに慣れていないジパングの人々が船に警戒の兵を残. 西国武士団関係史料集 19 米多比文書 1/芥川 竜男/福川 一徳(歴史・地理・民俗)の最新情報・紙の本の購入はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。書店で使えるhontoポイントも貯まる。. See full list on weblio. (Tritonn-commit 101) - Tritonn osdn. 称寝文書 / 九州史料刊行会編.

『八幡愚童訓』に記されているように、多くの書籍で元軍の集団戦法の前に一騎討ち戦法を用いる日本軍は敗退したと書かれている。しかし、『八幡愚童訓』は後世に記された宗教書であり、八幡神の化身の登場によって元軍を破ったことを強調しており、そのために日本軍が戦闘で一騎討ちなど稚劣な戦闘法で敗北したかのような記述になっているとの見解がある。 一騎討ちに関しては、元寇に参戦した肥後国御家人・竹崎季長が描かせた『蒙古襲来絵詞』絵五に描かれているように、陸戦においては日本の武士たちが騎兵を密集した一団となって集団で戦闘が行われている様子が描かれており、一騎討ちを挑む武士は全く描かれていない。また、文永の役の元軍の博多湾上陸に際しては、日本軍の総大将・少弐景資は、赤坂から博多に進出してくる元軍を待ち受けるよう全軍に指示し、元軍が進出してきた後、元軍に集団で一斉に騎射攻撃を加える作戦を立てていた。このように、特別な場合を除いて一騎討ちは行われておらず、一騎討ちは武士の通常の戦闘方法ではない。 また、元朝の官吏・王惲は、元寇の際の武士の様子をその記事『汎海小録』において「兵杖には弓刀甲あり、しかして戈矛無し。騎兵は結束す。殊に精甲は往往黄金を以って之を為り、珠琲をめぐらした者甚々多し、刀は長くて極めて犀なるものを製り、洞物に銃し、過。但だ、弓は木を以って之を為り、矢は長しと雖えども、遠くあたわず。人は則ち勇敢にして、死をみることを畏れず」と記しており、武士が騎兵を結束させて集団で戦っていたことを指摘している。 『元史』においても、日本の特性について「たとえ風に遇わず、彼の国の岸に至っても、倭国は地広く、徒衆が多い。彼の兵は四集し、我が軍に後援はない。万が一戦闘が不利となり、救兵を発しようと思っても、ただちに海を飛んで渡ることはできない」とあり、一騎討ち戦法ではなく、日本が大軍を擁しており、上陸した場合四方から元軍に攻撃を仕掛けてくることを元朝政府が警戒している様子が記されている。. ヒンドゥ、洪茶丘「皇帝(クビライ)の命令では『江南軍をして、東路軍と必ず6月15日までに壱岐島に合流させよ』とおっしゃった。未だに江南軍は壱岐島に到着していない。我が軍(東路軍)は、先に日本に到着して数戦し、船は腐れ兵糧は尽きた。このような事態に到って、いったいどうしたものだ」 この時、金方慶は黙ったまま反論しなかった。10日余り後、同じような議論が繰り返された時、今度は以下のように反論した。 1. モンゴル型馬具(鐙) 高さ14cm、直径13. 地方史関係史料の保存と整理―加悦鉄道と新潟交通を中心に― 歴史研究者にとっての鉄道史料―岸由一郎報告に参加して― 小山靖憲氏の訃 坂本 育男 福井県嶺北地方の高機の系譜 隼田 嘉彦 西川 丈雄 近江長浜湊の流通について 藤田 和敏. 鎌倉時代の日本の鐙 東京国立博物館所蔵 2. svn 114 Added ramdom Japanese data generator. 元寇 研究と評価 日本侵攻理由の諸説文永の役は征服を目的とした侵攻では無く、威力偵察ではなかったかとの説もある430. 芥川竜男 福川一徳 文献出版 1995/06出版 84p 26cm ISBN:NDC:210.

URL タイトル 巻次 責任表示 出版者 出版年 NDC コレクション情報 閲覧数 複写数 /06 金沢城郭史料 : 加賀藩穴生方後藤家文書. 御厨海上合戦で元軍の軍船をほぼ殲滅した日本軍は、次に鷹島に籠る元軍10余万と鷹島に残る元軍の軍船の殲滅を目指した。一方、台風の後、鷹島には元軍の兵士10余万が籠っていたが、諸将が逃亡していたため、管軍百戸の張なる者を指揮官として、張総官と称してその命に従い、木を伐って船を建造して撤退することにした。 1. 2mもあり世界最大の長弓であったことにある。長弓であることは矢を引く長さ(矢尺)を伸ばし弓矢の威力が増大することを意味し、現存している鎌倉時代の矢から80-90cm前後の矢尺を引いたと推測される。 第二の特徴は弓を握る位置にある。日本以外の弓では握りの位置が弓の中央であるのに対して、和弓は上から2/3の中央より下の方を握るようになっており、短下長上という構造になっていた。これは弥生時代には確認できる日本独特の弓の特徴であった。中央より下方を握ることで以下の利点があった。同一の弓でも弓力(弓が矢を放つ力)が増大すること。短下長上という構造上、矢の角度が仰角となり、結果、射程距離をより長くできた。さらに弓幹の振動がこの握りの近辺では少なく、操作しやすいことなどが挙げられる。 第三の特徴としては「弓返(ゆがえ)り」といわれるものがある。これは、矢が発射された直後に、弓を握る左手の中で、弓が反時計回りにほぼ1回転することをいう。これも日本独特のものであり、鎌倉期〜南北朝期の射術の進歩、弓の改良によって新しく起こった現象である。この「弓返り」により、弓の復元力(弓が矢を発射する前の本来の形状に戻ろうとする力)は速さを増し、矢はさらに加速され威力を増した。ただし、実戦では矢の連射性を重視したため、復元に手間が掛かる「弓返り」はさせなかった。 一方、蒙古弓は、長さが1. 元寇 第一次日本侵攻までの経緯 ※暦はユリウス暦、月日は西暦部分を除き和暦、宣明暦の長暦による。モンゴル帝国の高麗侵攻 モンゴル帝国の版図の変遷 混一疆理歴代国都之図(こんいつきょうりれきだいこくとのず)縦1. 金方慶「皇帝の命令を奉じて、3か月の兵糧を用意した。今、後1か月の兵糧が尚ある。江南軍が来るのを待って、両軍合わせて攻めれば、必ず日本軍を滅ぼすことができるだろう」 西国武士団関係史料集 米多比文書 - 芥川竜男 ヒンドゥ(忻都)、洪茶丘は敢えて反論せず、江南軍を待ってから反撃に出るという金方慶の主張が通った。. 西国武士団関係史料集 18 後藤文書: 芥川竜男: 文献出版: 95/11: 4000: 九州地方史: 184 ____ 9: 西国武士団関係史料集 19 米多比文書 1: 芥川竜男: 文献出版: 95/12: 4000: 九州地方史: 185 ____ 9: 沖縄事情 1978~79年: 牧瀬恒二: 八朔社(はっさく社) 95/04: 8300: 九州地方史.

閏7月7日、日本軍は鷹島への総攻撃を開始。 文永の役でも活躍した豊後の御家人・都甲惟親(とごう これちか)・都甲惟遠父子らの手勢は鷹島の東浜から上陸し、東浜で元軍と戦闘状態に入り奮戦した。上陸した日本軍と元軍とで鷹島の棟原(ふなばる)でも戦闘があり、肥前の御家人で黒尾社大宮司・藤原資門は戦傷を受けながらも、元兵を2人生け捕るなどした。また、鷹島陸上の戦闘では、西牟田永家や薩摩の御家人・島津長久、比志島時範らも奮戦し活躍した。 一方、海上でも残存する元軍の軍船と日本軍とで戦闘があり、肥前の御家人・福田兼重らが元軍の軍船を焼き払った。 これら福田兼重・都甲惟親父子ら日本軍による鷹島総攻撃により10余万の元軍は壊滅し、日本軍は20,000〜30,000人の元の兵士を捕虜とした。現在においても鷹島掃蕩戦の激しさを物語るものとして、鷹島には首除(くびのき)、首崎、血崎、血浦、刀の元、胴代、死浦、地獄谷、遠矢の原、前生死岩、後生死岩、供養の元、伊野利(祈り)の浜などの地名が代々伝わっている。 高麗国王・忠烈王に仕えた密直・郭預は、鷹島掃蕩戦後の情景を「悲しいかな、10万の江南人。孤島(鷹島)に拠って赤身で立ちつくす。今や(鷹島掃蕩戦で死んだ)怨恨の骸骨は山ほどに高く、夜を徹して天に向かって死んだ魂が泣く」と漢詩に詠んでいる。一方で郭預は、兵卒を見捨てた将校については「当時の将軍がもし生きて帰るなら、これを思えば、憂鬱が増すことを無くすことはできないだろう」とし、いにしえの楚の項羽が漢の劉邦に敗戦した際、帰還することを恥じて烏江で自害したことを例に「悲壮かな、万古の英雄(項羽)は鳥江にて、また東方に帰還することを恥じて功業を捨つ」と詠み、項羽と比較して逃げ帰った将校らを非難している。 『元史』によると、「10万の衆(鷹島に置き去りにされた兵士)、還ることの得る者、三人のみ」とあり、後に元に帰還できた者は、捕虜となっていた旧南宋人の兵卒・于閶と莫青、呉万五の3人のみであった. 芥川竜男: 西国武士団関係史料集 17 鶴原文書・田口文書: 文献出版: 95/01: 4000: 九州地方史: 526 ____ あくたがわた: 芥川竜男: 西国武士団関係史料集 18 後藤文書: 文献出版: 95/11: 4000: 九州地方史: 527 ____ あくたがわた: 芥川竜男: 西国武士団関係史料集 19 米多比. 東路軍は捕えた対馬の島人から、大宰府の西六十里の地点にいた日本軍が東路軍の襲来に備えて移動したという情報を得た。東路軍は移動した日本軍の間隙を衝いて上陸し、一気に大宰府を占領する計画を立てると共に、直接クビライに伺いを立てて、軍事のことは東路軍諸将自らが判断して実行するよう軍事作戦の了承を得た。こうして当初の計画とは異なり、江南軍を待たずに東路軍単独で手薄とされる大宰府西方面からの上陸を開始することに決定した。 対馬・壱岐を占領した東路軍は博多湾に現れ、博多湾岸から北九州へ上陸を行おうとした。しかし日本側はすでに防衛体制を整えて博多湾岸に約20kmにも及ぶ石築地(元寇防塁)を築いており、東路軍は博多湾岸からの上陸を断念した。日本軍の中には伊予の御家人・河野通有など、武勇を示すために石築地を背に陣を張って東路軍を迎え撃った者さえもいた。後に河野通有は「河野の後築地(うしろついじ)」と呼ばれ称賛された。 この石築地は、最も頑強な部分で高さ3m、幅2m以上ともされており、日本側が守備する内陸方面からは騎乗しながら駆け上がれるように土を盛っており、元軍側の浜辺方面には乱杭(らんぐい)や逆茂木(さかもぎ)などの上陸妨害物を設置していた。『予章記』によれば、海上から見た博多湾は「危峰の江に臨むが如し」外観であったという。 1. 年月 URL タイトル 巻次 責任表示 出版者 出版年 NDC コレクション情報 閲覧数 複写数 /3 西国武士団関係史料集 17 鶴原文書・田口文書: 芥川竜男: 文献出版: 95/01: 4000: 九州地方史: 146 ____ さいごくぶし: 西国武士団関係史料集 18 後藤文書: 芥川竜男: 文献出版: 95/11: 4000: 九州地方史: 147 ____ さいごくぶし: 西国武士団関係史料集 19 米多比文書 1: 芥川. 今津の元寇防塁 福岡市西区今津 3. 5cm、重さ2kg 元寇史料館所蔵 3. ン ン ン ン^ ンV ユンV rン瞋ヘ √" ッ睨ン鱚ユ^ユ ・^Vユン瞋肄* ・" ッヘ. ところが壱岐島の東路軍は連戦の戦況不利に加えて、江南軍が壱岐島で合流する期限である6月15日を過ぎても現れず、さらに東路軍内で疫病が蔓延して3,000余人もの死者を出すなどして進退極まった。 高麗国王・忠烈王に仕えた密直・郭預は、この時の東路軍の様子を「暑さと不潔な空気が人々を燻(いぶ)し、海上を満たした(元兵の)屍は怨恨の塊と化す」と漢詩に詠んでいる。 この時の高麗軍司令官の征日本軍万戸・金周鼎の墓碑『金周鼎墓誌銘』によると、東路軍内では、互いに助け合うこともできないほど疲弊していたが、その中で金周鼎は病人を率先して保護したという。また、『金方慶墓誌銘』によれば、疫病が蔓延し、東路軍はこれ以上の日本軍との連戦を続行するのは難しい状況であったという。東路軍の中では、撤退すべきとの声も上がった。 このような状況に至り、戦況の不利を悟った東路軍司令官である東征都元帥・ヒンドゥ(忻都)、洪茶丘らは撤退の是非について征日本都元帥・金方慶と以下のように何度か議論した。 1.

今宿の元寇防塁 福岡市西区今宿 6. 文献出版 1999. そして『西国武士団関係史料集 1(財津氏系譜)』のp171「財津主殿亮永名江嶋氏系譜巻之十二」に次のような記述がありました。 財津流江嶋氏の始まり 「財津永名」の子「永充」の時、「豊前国宇佐郡江嶋村に居り、因って氏を江嶋と号す」とありました。. 6mで短弓である。弓は牛の角と腱と木を組み合わせて作られている。弓全体の芯となっているのは木であり、弓の弦側には圧縮に強い牛の角を加工したものを張り付け、その反対側には伸張に対して強度のある腱を張り付けてある。そして、弓全体を接着力強化のため樹皮で巻き、また湿気予防のために塗料が塗られた。また、弓は弦を外すと反対側に大きく反る形に作られており、矢の速度および飛距離が増すよう工夫されている。矢の先には鏃が付けられ、その形状には各種ある。弓の弦は鹿(アンテロープ)の首の皮で作られ、丈夫にできている。 筑波大学体育科学系教授・森俊男によると和弓と蒙古弓を比較した場合、日本の弓の方が射程距離、威力は優っているとしている。まず、矢の比較だが、和弓と蒙古弓とも矢の長さは80〜90cmとほぼ同じ長さである。しかし、日本の矢は竹製の矢柄を材料として、それを火で焼き、まっすぐに矯めると同.

正式には震天雷や鉄火砲(てっかほう)と呼ばれる手榴弾にあたる炸裂弾である。容器には鉄製と陶器製があり、容器の中に爆発力の強い火薬を詰めて使う。使用法は導火線に火を付けて使用する。形状は球型で直径16-20cm、総重量は4-10kg(約60%が容器の重量、残りが火薬)ある。 年(平成13年)、長崎県の鷹島海底から「てつはう」の実物が2つほど発見され、引き揚げられた。一つは半球状、もう一つは直径4cmの孔が空いた直径14cmの素焼物の容器で重さは約4kgあった。なお、この「てつはう」には鉄錆の痕跡もあったことから、鉄片を容器の中に入れ、爆発時に鉄片が周囲に撒き散り殺傷力を増したとも考えられる。歴史学者・帆船学者の山形欣哉によると、「てつはう」の使用方法や戦場でどれだけ効果があったかは不明な点が多いとしている。理由としては、「てつはう」は約4kgもあり、手投げする場合、腕力があるものでも2、30mしか飛ばすことができず、長弓を主力武器とする武士団との戦闘では近づくまでに不利となる点を挙げている。 「てつはう」をより遠くに飛ばす手段として、襄陽・樊城の戦いの攻城で用いられた回回砲(トレビュシェット)や投石機がある。しかし、山形欣哉は投石器を使用する場合、多くの人数を必要とし連続発射ができないなどの問題点もあったとしている。例えば、後の明王朝の時代ではあるが、「砲」と呼ばれる投石機は、一番軽い1. ッ・ ・6 ユン衽ン! 芥川竜男『大友宗麟のすべて』新人物往来社、1986年。 鹿毛敏夫『アジアン戦国大名大友氏の研究』吉川弘文館、年。isbn; 九州国立博物館編 『戦国大名:九州の群雄とアジアの波涛(開館10周年記念特別展)』 忘羊社(西日本新聞社)、年。. モンゴル型馬具(鐙) 高さ14. 6 西国武士団関係史料集 / 芥川龍男, 福川一徳編校訂 34-35.

4 &92;4,000 (税込&92;4,400). 西新の元寇防塁 福岡市早良区西新 4. 年月 URL タイトル 巻次 責任表示 出版者 出版年 NDC コレクション情報 閲覧数 複写数 /01 裁定_x000D_ 年月日 著作物等の題号等 内容又は体様 著作者等の氏名 著作物等の種類 利用者_x000D_.

5cm、重さ2kg 元寇史料館所蔵 4. 芥川龍男, 福川一徳編校訂.

西国武士団関係史料集 米多比文書 - 芥川竜男

email: ovewenuj@gmail.com - phone:(316) 735-8321 x 2745

財務諸表 ガイダンス 勘定科目別 - 大藪卓也 - POWER 河原和音初期名作セレクション

-> 話すためのリスニング 初級用 - 白野伊津夫
-> 錯乱の日本文学 建築/小説をめざして - 石川義正

西国武士団関係史料集 米多比文書 - 芥川竜男 - おれに訊くんじゃない 奥田英朗


Sitemap 1

高機能性米の調製加工技術の開発 - 佐竹利子 - 元氣で笑顔に みんなが集まる漢方薬局 福島勇二